石巻トゥモロービジネスタウンとは

事業概要

  • 石巻トゥモロービジネスタウンは「産業創造都市圏いしのまき」をキーワードに拠点法(「地方拠点地域の整備及び産業業務施設の再配置の促進に関する法律」平成4年6月5日法律第76号)に基づき、オフィス・アルカディア産業業務団地整備事業として、独立行政法人中小企業基盤整備機構(旧:地域振興整備公団)が整備しました。
  • 「独立行政法人中小企業基盤整備機構法 附則」及び「独立行政法人中小企業基盤整備機構法施行令」により、産業業務施設用地及び施設の造成、整備、管理及び譲渡については、平成26年3月31日までと規定されていたため、平成26年3月に未分譲地と賃貸地2区画の計24区画を本市が一括購入し事業承継しました。

整備概要

所 在 地 石巻市開成1番
開発面積 約24.1ヘクタール
分譲・賃貸面積 約17.37ヘクタール(区画内緑地・法面を含み、ルネッサンス館、複合文化施設、道路、公園・区画外緑地等、公共用地を除く)
用途地域 準工業地域(建ぺい率60%/容積率200%)
用途制限 事業用建物または事業用建物との併用住宅を建設するために使用するものとする。住居のみ及び事業用建物を伴わない倉庫、駐車場資材置場等は建設できない。
地区計画 地域産業の高度化や新たな産業の創出等に結びつく頭脳拠点を形成する施設の集積地区として適正かつ合理的な土地利用を図り、周辺環境と調和した良好な市街地の形成を目指すため、南境業務拠点地区計画を定めている。
環境形成
ガイドライン
石巻トゥモロービジネスタウンでは、石巻の歴史風土に根差し、「風立つ創造のまち」をテーマに、緑豊かで、快適な創造空間づくりを目指している。なお、良好な環境形成とその維持を図るため、立地企業と石巻市は「石巻トゥモロービジネスタウン環境形成協定書」を締結する。
分譲状況 平成12年3月に分譲を開始し、40区画(20.61ヘクタ―ル)中27区画(11.26ヘクタール)を分譲済み(賃貸及びルネッサンス館、複合文化施設含む)残13区画(9.35ヘクタール)
分譲可能 13区画(9.35ヘクタール)

関連施設

  • 石巻トゥモロービジネスタウンでは、石巻産業創造株式会社が無料経営相談窓口を設置しており、地域企業と連携することで産業振興を図っている。
  • 現在、石巻ルネッサンス館には、各種産業団体事務所のほか、IT企業、サービス業を営む事業者等(14社:平成31年2月現在)が入居している。